記憶に残るのロゴを造ろう

電球どのようなどこが人々の記憶に残りやすいのでしょうか。様々な企業の優れたロゴを分析しているとシンプルに見えるロゴほど非常に入念に計算されていることが分かってきます。シンプルなロゴであればあるほどその企業がその後様々な分野を手がけることになったとしても対応することができます。またシンプルなロゴであれば色々なサイズにリサイズされる時にもそのデザイン性が失われてしまうということはないでしょう。もしも文字などを細かく入れるロゴになると小さな商品に印刷する時などに文字が潰れてしまい何か分からなくなってしまいます。

さらにその企業の特徴に応じてどのような層がターゲットになるのかといった点も考えておくと良いでしょう。主な客層に受けるロゴを考えることはとても大切です。ターゲットとなる層がかっこいいとか可愛いと思えるロゴであればあるほどそれだけ親しみやすくなるからです。さらにぱっと見のインパクトだけでなく後々そこに含まれた意味を知った時に、より企業について理解してもらえるようなメッセージを込めることも大切です。そのようなロゴを少しずつ企業の成長と共に育っていくような感覚を持てば、企業としても非常に愛着のあるロゴが出来上がることでしょう。

記憶に残るのロゴを造ろう